赤ちゃんにあるのは…

赤ちゃんにあるのは
「生きたい」という思いだけです。
でも、生まれてきても、
とうてい自分一人では生きられません。

一人では生きられないのに、
人間はみな、
生きると確信して生まれてくるのです。
この世界を信じて生まれてくるのです。
なにかが自分を受け止めてくれると
信じて生まれてくるのです。

(寄る辺なき時代の希望、田口ランディ)

周りがどれだけ生かそうと
がんばったり、励ましても、
本人に、生きたい気持ちがなければ、
なんともならない。

同じように、
周りが才能を伸ばしてあげようと
どれだけ手をかけ、励ましても、

本人に、その才能を伸ばしたい願望が
なければ、これもどうしようもない。

本人の人生を決めるのは、
結局のところ、本人なんだな。

まわりが、
どれだけ評価していても、
本人のスイッチが入らない限り、
その先へは進めない。

そんな相手を見て、
歯がゆい思いをすることも、
多いものです。

(参考)寄る辺なき時代の希望(田口ランディ)

No.7267


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です