幸せだから笑うのではない。…

幸せだから笑うのではない。
笑うから幸せなのだ。

(アラン[下りのなかで上りを生きる、鎌田實])

苦しいついでに笑う、
なんてことが出来たら、

生きるのは、
もっと気楽になるかもしれない。

悲しいついでに笑うとか、
痛いついでに笑うとかも…

人は楽しい時とか、
面白い時とかしか
笑わないクセがついているから、
他のタイミングで
笑えなくなっているのかな。

もし、そうだとしたら、
なんか、もったいない。

それほど、
大きなことじゃなくても、
仕事でうまくいかないことが
続いたり、
何人かの人に怒られたり、
拒まれたりすると、
人はやっぱりへこむ。

そんな時に、
ボランティアでも何でも、
ささいなことで誰かの役に立ち、
ありがたがってもらえた時、
感謝してもらった時、

「受け入れられた」という気分で
心が満たされ、人は癒される。

それは、人に受け入れられたことも
大いに関係あるだろうけど、
それを通して、
自分が自分を受け入れたことが、
一番の癒しなんじゃないかと思う。

自分を笑える自分は、
それができた証拠かもしれない。

(参考)下りのなかで上りを生きる(鎌田實)

No.7381


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です