苦しみがなくなるのではない…

苦しみがなくなるのではない
苦しみでなくなるのだ

(こだわらない とらわれない、荒了寛)

嫌なことは、
早く過ぎ去らせたい、
と思いますが、

そう簡単には
いかないことが多く、
結局、時が経つのを待つしかない
ということが、ほとんどです。

しばらくじたばたした後、
あきらめがついて
待つようになれると、「自分」も
変わってくるように思います。

この「待つ」というのが、
一番、自分を変えてくれる
のかもしれません。

待てる力が増えれば、
苦しいことの量も質も
大きく変わるからでしょう。

もっともっと
大変なことに強くなれるために
まだまだ「待つ」ことを
学び続けるんでしょうね。

(参考)こだわらない とらわれない(荒了寛)

No.7428


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です