習い性

小手鞠るい,いい言葉

待たされても、わたしはいらいらしたりしない。いや、内心ではいらいらしていても、落ち着いている風を装う。悠然とかまえているようにふるまう。そうこうしているうちに、それが習い性になってくる。あきらめの境地というやつだ。だって、急いだって、焦ったって、仕方がない。走れるわけでもないのだし。それにわたしには、本という心強い味方もいる。

(曲がり木たち、小手鞠るい)

待たせられそうな時に、
その待ち時間をやりすごせるものを
いつも持参していたら、
待たされることに、
イライラする必要はなくなる。


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です