助けを必要

人は、自分が助けを必要としていることを
認めたときから、成功への道を歩み始める

(「お金持ち」よりも幸せになれる方法、ロバート・シュラー)

助けの求め方は、
いろいろあると思う。

が、きっと大切なのは、
依存にならないよう助けを求める、
依存されすぎないように助ける、
ことじゃないだろうか。

自分に、
思慮や能力の点で不足を認めたら、
知っている人に聞けばいい。
聞けないなら、本を読めばいい、
読みたくないなら、動画とかセミナー、
という方法もある。

しかし、助けが必要だと認めない限り、
そこには、たどり着けない。
新しいことは、入ってこない。

もしも、自分の知っている範囲で、
完璧を目指しているとするなら、
それは、大きなミスに至る可能性すらある。

本来、ゴールでないはずのところを
完璧と思い込んで、目指しているわけだから、
「完成した」と思ったことに対して、
評価が得られなかったり、
指摘を受けたりするのは当然なのだ。

そういうミスに至る前に、助けを求めた方がいい。


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です