あなたの敵が退却するための「金の橋」を架けよ

あなたの敵が退却するための
「金の橋」を架けよ。

(孫武、孫子)

私はけっこう競争心が強い方だから、
敵がいたら、
こてんぱんにやっつけたい願望がある。

でも、こてんぱんにやっつけようと
すればするほど、
相手は「背水の陣」となり、
予想以上の善戦となったりする。

相手が、うまい言い訳を見つけて、
逃げていけるようにする。

その方が楽で、一番いい勝ち方かな、
と今は思う。そう物わかりのいい敵
ばかりでないだろうけど…

ビジネスの場で、あるいは交渉の場、
あるいは夫婦のコミュニケーション、
それ以外のふれあいにおいても、
そういう考え方には、
何かしらヒントがあると思う。

まず、
ちょっと頭を使って、
相手のための「金の橋」を考えて、
架けてみる。

相手が逃げて、自分が欲しいものを得られるように。


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です