我々が皆自分の不幸を持ち寄って並べ…

我々が皆自分の不幸を持ち寄って並べ、
それを平等に分けようとしたら、
ほとんどの人が今自分が
受けている不幸の方がいいと言って
立ち去るであろう。

(ソクラテス)

「あなたはいいね。私は…」
っていうような言葉を聞くことがある。

内心、何を分かって、
そんな言葉を言っているんだ、
と重ってしまうこともある。

確かに、私も、そんな感情に
埋もれていた時期がある。

おそらく、そういう心情の人は、
自分にないものを見つけるコレクター
なんだろう、と思う。
だから、他の人の境遇と入れ替わりたい、
などとも思っている場合が多い。

しかし、幸せそうに見える人にこそ、
そこに到達するまでの険しい道のりが
あることが多い。

だから、自分の今の幸不幸と、
他人の幸不幸なんて、
比較すること自体が意味のないこと。

幸不幸は、平等に分けられているわけではない。
それは、最初、どちらの状態ともつかない姿で、
準備されていて、我々が、幸にも、不幸にも
変えられるものなんだと思う。

だから、幸不幸について、
平等でない、と考えるのはやめよう。


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です