若者の価値はだれにもわからない、時を経たなければ…

若者の価値はだれにもわからない、
時を経たなければ分からない。
ただ、今は高貴な座にいる人も皆、
かつては「若い者」だった。

(作者不詳)

多分、本当のこと(?)だと思うけど、
こんな話を聞いたことがある。

昔の遺跡において、
ある文書を発見した。
たいへんな探索だったので、
誰もが、その内容に興味があった。

そして、専門家が、それを訳したところ、
「今の若者は、なっちゃおらん」
ということだった。

いつの時代も、
若者を過ぎた年代の人々は、
そういう言葉で片づけてしまうらしい…

しかし、私自身をふり返ってみた場合、
若い時に、どれだけしっかりしていたか、
を考える始めると、
「いや、どうだろう…」と
頭をかしげざるを得ない。

マスコミやテレビで、
目立った事件を取りあげ、
「今の青少年は…」とか、
「今の若者は…」とか論じる姿を、
時々、見かける。

問題も、価値観も、
今短い期間で生まれたものではない。

積み重なってきたもの。
だから、その価値も、時間が経たなければ、
やっぱり、分からない。


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です