理由

理由というのは
つけようと思えば
どこからでもつくものだ。
(図書館危機、有川浩)
 
いろんな理由があって、
理由にならないものもあって、
人は、それでも、理由をつけたがる。
探したがる。でも、意味のない理由を
つかんだところで、意味ないのだ。