いい加減

人格者みたいなことは言うだけなら
誰でも言えるってことだ。
何しろ俺が言えるんだからな。
元々世界なんかお前が思ってるより
適当でいい加減なもんだぜ。
(塩の街、有川浩)
 
マジメに向き合ったときに、
その向き合った対象が意外にもマジメなものじゃない、
って知らされることがある。その時にどうするか。
自分も、マジメさを捨てるか、マジメに取り組むか。
その人それぞれの選択であり、生き様だ。
タグ: 塩の街