子供を背負う

親はどれだけ年を取っても
子供を負いたがるのだ。
黙って背負われようとする親は
滅多にいない。何か起こると
「自分がいなくちゃ」のポジションを
取らないことには安心できない。
(ストーリー・セラー、有川浩)
 
親にとって、何歳になっても、
子供は子供。だから、
まだまだ背負えると思っている。
もう大きくなっているのに、
そんなことを思ってしまう。