無条件に優しくなる

あのね、人間が無条件に
優しくなれるのは
相手がホントに死人の箱に
片足突っ込んでからなの。
何でも我慢できるようになるのは、
相手がホントにこれから死ぬってことが
目の前にぶら下がってからなの。
人間は生きてたら絶対些細なことで喧嘩すんの。
些細なことで喧嘩してるうちは、
死がまだ現実的じゃないってことだよ。
(ストーリー・セラー、有川浩)
 
ささいなことでケンカできるうちは、
お互いに「まだまだ生きている」
という前提でやっている。
死が近いという状況では、
出来ないケンカも出てくるもんだ。