いたずら、いじめ

子供というのは、
無意味ないたずらを
するじゃないですか。
何の悪気もなく、
べつにいじめるつもりもなく。
(沙高樓綺譚、浅田次郎)
 
いらずらか、いじめか、
している本人はてきとうでも、
されている側は、
どうとらえるか分かりかねる。