人の縁というは、
まことわからぬものよのう。
親しくしておった者とは、
ふいにぷっつりと縁が切れるかと思えば、
なにゆえこやつと、と首を傾げる腐れ縁というも、
ままあるものじゃて。
しかし、長い人生を思い返してみるに、
のちのち深い因縁を持つことになる者との
出会いは、なぜかはっきりと覚えておるものだ。
(一刀斎夢録、浅田次郎)
 
望まぬような縁、人間関係でも、
ずーっと続き、付き合わないといけない、
ってものもあります。
嫌なものですが、それが、
自分を人間的に成長させることが多い、
ってのが現実です。