嫌なこと

人間は、嫌なことを
片っ端から忘れていかなければ、
とうてい生きてはいけない。
でもな、そうした人生の果ての幸福なんて、
信じてはならないと俺は思う。
(降霊会の夜、浅田次郎)
 
忘れたいことばかりが多くて、
本当に忘れてばかりいたら、
人生の中身に何が残るんだろう。
忘れたいこと、嫌なことも含めて、
自分の人生なんだよな。しょうがない。