磨く

志は命そのものである。
天から授かったのちは
誰から関与されるものではなく、
また誰に依存するものでもなく、
ひたすら磨き続けるほかないのだ。
(君は嘘つきだから、小説家にでもなればいい、浅田次郎)
 
幸運にも、
持ち合わせることができた才能や資質は、
同じ幸運で、
持ち続けられるものじゃない。
そこからは、幸運でなく、
自分の磨く努力で
手のひらからこぼれ落ちないようにするしかない。