どうしようもない

「どうしようもない」という言葉を。
 それさえ口にしなければ、できないことは何もないと思ったから。そして「どうしようもない」と口にしない限り、この闇の中にもいつかは、自由という光明がさすと信じたから。

(天子蒙塵、浅田次郎)
タグ: 天子蒙塵