運命

前例がないからといって、理不尽な運命に甘んじてよいものでしょうか。たとえ言葉にしなくとも、そうした人生こそが「どうしようもない」そのものだとわたくしは考えました。

(天子蒙塵、浅田次郎)
タグ: 天子蒙塵