書かれない言葉

そこには、書かれた言葉と同様、
書かれなかった言葉があり、
読むということは、
書かれた言葉と同時に
書かれなかったものをも
見つめることだと思う。
(脳あるヒト 心ある人、角田光代)
 
使わないようにしている言葉は、
私にもあります。それはなぜだろう?
自分に品格というものがあるかは
よく分からないけれど、
なんか、自分らしくないとか、
そういうのを自分で決めているんでしょうね。
でも、本当にそうかは分からない。