狭い世界

「自分の得意な形に逃げない」
ということを心がけている。
自分の得意な形に持っていくと楽だし、
私にも楽をしたいという気持ちはある。
しかし、それを続けてばかりいると飽きがきて、
世界が狭くなってしまう。
息苦しくなって、アイデアも限られてしまうのだ。

(決断力、羽生善治)