忘れる

忘れるということは、
ただ記憶から消すというだけではない
と思うんです。
自分のなかで相手への想いが
溶け込んでいって、
いちいち思い出さなくても
受け継いでいるような、
そんな忘れ方もあるだろうし、
それがきっと良い忘れ方
なんじゃないかな。

(ダ・ヴィンチ)
 

三崎亜記さんの言葉です。
忘れるということが、
心地よくできるというのは、
こういうことでしょうね。
傷つけたりして、
忘れてもらえるのも、
これに似ていることでしょう。