改革

改革は、ひとりではできない。
協力者が要る。
意図をよくのみこんで、
手足のようにうごいてくれる人間が要る。

(小説 上杉鷹山、童門冬二)
 

ひとりで改革する前に、
ひとりでもいいから、
理解者、協力者を得ること。
実際に動ける協力者がいなくても、
理解者がいて、その時々の修正を
してくれるだけで助かるのだ。