生と死

先進国であればあるほど、
人間の生も死も管理される。
それは有難くもあり、
どこか寂しくもある。

(もう消費すら快楽じゃない彼女へ、田口ランディ)
 

生きていることが、
分からないように、
生かされ方もある、
ということで、
それは亡くなることによって、
医療ミス問題とかに発展されると、
困るから、なんていう理由もあるかもしれない。
いずれにしろ、やっぱり、寂しい。