三つの壁

三つの壁とは、
1.制度の壁
2.物理的な壁
3.意識(心)の壁
である。

(小説 上杉鷹山、童門冬二)
 

人は、必ず、壁にぶち当たる。
その壁が、どんなタイプのものか、
それを見極めずに、向かっていると、
一番の壁が、自分の心のうちにあることを
ごまかしたりしてしまうもの。
壁は、いろいろあるもんだ。