他者を求めて

人は確かに一人で生まれてきて、
一人で死んでいくものである。
一生は孤独な旅なのかもしれない。
けれども、人は終わりまで
他者を求めて止まない。

(死ぬときに後悔すること25、大津 秀一)
 

わたしも、
どちらかというと、
一人でも平気なほうだけれど、
心の内面では、
勝手ながら、他者を求めている
ことが少なくない。
矛盾しているかもしれないけれど、
それが本当なのだ。