苦痛

苦痛は、あまりにも個別で多様で、
それを共有するためには
深い愛が必要になる。

(もう消費すら快楽じゃない彼女へ、田口ランディ)
 

生きていれば、
心に息苦しさを感じることはある。
それは、自分だけのもので、
他人に理解してもらおうと思えば、
長い話になることもある。
それに付き合わせることは出来ない、
と分かった人は、自分から、
ちゃんと理解する努力ができるように
なるかもしれない。