よくいるタイプ

世の中によくいる型の人間で、
中身がどんなにいいことであろうと、
そのやり手がきらいな人間だったり、
気にくわない人間だったりすると、
もうそれだけで駄目なのだ。
「どれほどいいことであろうと、
 あいつのやることには、絶対協力しない」
という考えである。

(小説 上杉鷹山、童門冬二)
 

人のことで判断して、
自分の行動を決めるというのは、
おろかといえば、愚か。
でも、わたしにもあるな。
あの人のいる店には行きたくない、とか。
大人気ない、われながら。