ましだ

人間は貧しいとき、
そして前途に希望がないとき、
必ず自分のまわりを見渡す。
それも、下ばかり見る。
自分より下位にある者がいるとき
安心する。そして、
(あいつよりは、まだ自分のほうがましだ)と思う。

(小説 上杉鷹山、童門冬二)
 

この感情を悪いとばかりは言えない。
自分の身の丈を知るとは大切。
しかし、これが、
単なる自分の優越感となって、
相手をさげすむものになれば、
いいものとは言えない。