経験と年

経験と年は
だてに重ねるものではない。

(まんまこと、畠中恵)
 

だてに重ねたところで、
それ以外の生きかた、
それ以外の処世術があって、
ひとつにこだわると、
他が受け入れられなくなって、
自分が苦しむ。ほどほどがいい。