ぎゅっと

自分で自分がどうにもならないとき-。
だれかにぎゅっと抱きしめてほしいと思う。
ただし、わたしの自由にやりたいときには、どうかひとりにしてほしい。
世界中のみんなからほうっておかれたいときもある。

(永い夜、森絵都)
タグ: 永い夜