恐れ

だれもが恐怖を心に抱いているものです。
なぜならばこの世には
われら人間が分からぬことが
いくらもございます。
未知なものに畏敬の念や恐れを
抱くことは大事なことです。

(密命(23)仇敵― 決戦前夜、佐伯泰英)
 

何でも知っている、
何も問題ないと思い始めてから、
人は、どんどん知らないことが増えてくる。
そして、問題もふくらみ始める。