孤高

仲間が欲しいのに
誰もいない「ひとり」が「孤立」。
「ひとり」でいるのが
寂しい「ひとり」が「孤独」。
誇りのある「ひとり」が「孤高」。

(疾走、重松清)
 

20年前ほどに書いていた文章。
今の娘たちの姿と比べて、面白い。
---
自分の3人娘にも、
いろんなタイプがありますから、
面白いなぁ...と感じます。

長女は、
ひとりでいることが多い。

何かしら、群れたがる女性たちがいても、
けっこう、その群れから離れて、
一人でいられる。

ひっそりと、一人でいられる感じ。
そして、その群れに話しかけるでも、
仲間になろうとでも、そんな気配は、
微塵もない。

でも、ちょっとは寂しい「孤立」かな。

次女は、一人でいようとも、
誰かといっしょにいようとも、
自分の生き方をしっかり持っている、
という感じ。

「孤高」という言葉が似合う。

三女は、いろんな人からかわいがられることが多い。
一人というのは、縁がない感じだ。

顔見知りはしないけれど、
ひとりの時を愛せる、
っていうのは、なんか素敵だなぁ。

タグ: 疾走