苦労

「若いころの苦労は買ってでもしろ」
といわれるが、
脳の老化予防のためには、
むしろ年をとってからの苦労こそ、
買ってでもすべきである。
(感情から老化していく人 いつまでも感情が若い人、和田秀樹)
 
「若いころの苦労は買ってでもしろ」
なんて言葉は、
ほんとうに苦労してきた老人よりも、
もう何もしたくなくて若者にだけ
苦労を押しつけたくなった老人が
言い伝えてきた言葉かもしれない。