心に悪い考え方

心に悪い考え方=不適応思考
  1. 二分割思考:成功か失敗か、敵か味方か、白か黒か、など。
  2. 過度な一般化:ある特定のできごとを多くのできごとの中に一回と見ない。
  3. 選択的抽出:全体の中の、ある一点に注意が向かい、その他の側面を無視してしまう。
  4. 肯定的な側面の否定:長所や美点であるにもかかわらず、「大したことない」「まったく価値がない」として切り捨ててしまう。
  5. 読心:根拠もないのに、相手の心を決めつけてしまい、勝手な解釈をする。
  6. 占い:将来に対しての悪い予想をして、それをあたかも事実のようにとらえてしまう。
  7. 破局視:将来起こりうるできごとについて考えて、もっとも悪い事態を決めつける。
  8. 縮小視:謙遜とは違い、自分を過小評価している。
  9. 情緒的理由づけ:好きか嫌いかで判断してしまう。
  10. 「~すべき」という言い方:「かくあるべし」という気持ちが強すぎて、自分を追い詰めてしまいやすい。
  11. レッテル貼り:ある事象を個別事象としてとらえるのではなく、わかりやすいラベル(レッテル)をつけてしまう。
  12. 自己関連づけ:ものごとには複数の要素が関連しているのに、自分こそがその最大の原因であると考える。

(「うつ」だと感じたら他人に甘えなさい、和田秀樹)