いい言葉ねっと

モバイル 占い カテゴリ 友だち追加

今、私も山ほど分からない事を抱えてます。だからとりあえず、分かるまで生きることにしてるんですよ。 >>,畠中恵 - 05/30 06:41
一番腹が立っていたのは、世間から押し寄せてきた荒波に、にっちもさっちもいかなかった己の事であった。 >>,畠中恵 - 05/30 06:41
死ぬのは「がん」に限る。ただし、治療はせずに。3人に1人はがんで死ぬといわれているが、医者の手にかからずに死ねる人はごくわずか。中でもがんは治療をしなければ痛まないのに医者や家族に治療を勧められ、拷問のような苦しみを味わった挙句、やっと息を引きとれる人が大半だ。現役医師である著者の持論は、「死ぬのはがんに限る」。実際に最後まで点滴注射も酸素吸入もいっさいしない数百例の「自然死」を見届けてきた。なぜ子孫を残す役目を終えたら、「がん死」がお勧めなのか。自分の死に時を自分で決めることを提案した、画期的な書。 >>大往生したけりゃ医療とかかわるな、中村 仁一 - 05/30 06:40
生きていくと何かがある。生きていくと何かが繋がっていく。渦中にいる時はああもう出口なんかどこにもないよって思っていても、出口はあるぞ。(雑誌「ダ・ヴィンチ」、鈴井貴之) >>,今日のいい言葉 - 05/22 06:14
つねに新しいこと、すばらしいことが、あなたに 学びとられ、吸収されるのを待っています。 そしてそれは、あなたがすすんで心を開き、 あなたに欠けているものを自覚したとき、はじめて 可能になるのです。 真の謙虚さと深い感謝の気持ちで、あなたに 欠けているところを満たそうとつとめなさい。 >> - 05/22 06:10
「暇つぶし」のはずが、「暇につぶされている」人はきっと多い。 >> - 05/22 06:10
遊ばせる人間と遊ぶ人間とが相互依存関係でこの社会が成立している。ある場面ではある種目については遊ばせる側に回る人が、他の場面では遊ぶ人に回っている。 >>知と教養の文明学、梅棹忠夫 - 05/22 06:10
あまり、急いで決めてしまうと、あとから文句が出て、うまくいかない。 >>知と教養の文明学、梅棹忠夫 - 05/22 06:10
2012年本屋大賞 大賞受賞。玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか──。言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを謳いあげる三浦しをんの最新長編小説。 >>舟を編む 三浦 しをん - 05/22 06:06
今のうちにピンチをチャンスに変えよう。 >> - 05/16 21:37
[21-30] / 38408
<<前|次>>|TOP
 インフォメーション

メルマガ登録/解除空メール送信
問合わせ


mail (C)2001-2020 e-kotoba.net
PCサイト