自分では何でもわかっていると思う段階に到達した人は…

自分では
何でもわかっていると
思う段階に到達した人は、
スタート地点に立ったばかりの人である。
上には上がある。

(一流の条件、山崎武也)

お調子者は、何かがうまくいくと、
「これはすごい。誰にも真似できないべ。」
なんて、思ってしまう。
私がそうだから、よく分かる…

反対に、自分は、絶対自信ないから、
そんなこと思ったこともない、
という人もいるだろう。

お調子者も、自信ない人も、
自分の立っている本当の場所が
分からない点では同じである。

自分が立っている場所が、
どんなものか分かるためにも、
自分以外のもの、情報にも
関心を持っておくべきだろう。

自分を知ることは、
他人を知ることであり、
他人を知ることは、
自分を知ることでもあるから。

しかし、自分と他人の場所がわかって、
スタート地点に立った時、
どちらへ進むかは、
自分の本質を掘りさげてみるか、
いろいろなことにチャレンジしてみる以外に、
方法はないと思う。

【参考】
集中力(谷川浩司)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です