人生について静かに考えてみると、 何がこの世できわめて大切で、 何がそうでないかが はっきり分かります。 (リチャード・G・スコット)

つづき 静かに考えてみると…

人は時として偶然としか思えないような 真理との出会いを経験する。 しかし、ほとんどの人がそのことに気づかず、 何事もなかったかのように、 また慌ただしい生活を続ける。 (心に残るチャーチル物語、ケイ・ヘイル編)

つづき 人は時として偶然としか思えないような…

使い切るか、 間に合わせるか、 なしで済ませるか (開拓者の格言)

つづき 使い切るか、間に合わせるか、なしで済ませるか

今日はすべきことがあまりにも多いから、 一時間ほど余分に祈りの時間を とらなければならない。 (マルチン・ルター)

つづき 今日はすべきことがあまりにも多いから…

今日という日は、今日しかありません。 一日は一滴の水のように、 長い人生の黄金のひとときとして、 絶えず増え続ける豊かな命の水の池に 注ぎ込んでいるのです。 (トーマス・J・パームリー)

つづき 今日という日は、今日しかありません。

あなた自身が信じていないことは、 口で言っても、書いても、また、 どのような行動をしてみても、 他人を動かすことはできない。 (ナポレオン・ヒル)

つづき あなた自身が信じていないことは、口で言っても…

現在の姿を見て接すれば、 人は現在のままだろう。 人のあるべき姿を見て接すれば、 あるべき姿に成長していくだろう。 (ゲーテ)

つづき 現在の姿を見て接すれば、人は現在のままだろう。

誰も説得によって人を変えることはできない。 すべての人は堅くガードされた 心の変化の扉を持っており、 その扉は自分で中からしか開けられない。 (マリリン・ファーガソン)

つづき 誰も説得によって人を変えることはできない。

さびしさをごまかそうとかしてはならない。 自分を欺いたりしないで、 そのさびしさをまっすぐに見つめ、 その自分の心に忠実にしたがえばよい。 (大河の一滴、五木寛之、親鸞の言葉より)

つづき さびしさをごまかそうとかしてはならない。

教えるために最も適した期間は非常に短い (トーマス・S・モンソン)

つづき 教えるために最も適した期間は非常に短い