「もある」と思うか、「しかない」と思うか…

このコップに、水が半分入っている。
半分も入っていると思う人がいる。
半分しか入っていないと思う人もいる。

現象は同じなのに、
「もある」と思うか、「しかない」と思うかは、
その人の見方次第。幸せの感じ方も変わってくる。

(ケント・ギルバード)

昨日、ケント・ギルバード氏の講演会を
聞く機会があった。

本業が弁護士というだけあって、
一つ一つの言葉に、
奥深さを感じながら、聞いていた。

人間にも人生にも、
いい面、悪い面双方ある。
そのどちらを見るかは、
その人の感性、性格次第。

他人の欠点しか見えない、
人生の満たされない部分しか見えないとすれば、
自分で、自分を不幸にしているようなもの。

同じものを与えられて、
他人の長所を見て、
少ないけれど、人生の満たされている部分を
見ることができる人もいる。
その人が幸せを感じやすいのは、言うまでもない。

無理に、プラス思考になれ、
と言っているのではない。

見るものは同じでも、
見る側面を変えれば、
今まで見えなかったものが
見えるということですよ。

今日を応援します。

【参考】
三国志(北方謙三)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です