人は過去に生きることはできないわ。

人は過去に生きることはできないわ。

(トーマス・J・グリフィス)

人には、過去がある。

そして、思い出したくないものに限って、
さかのぼって、思い出したり、
思い出されたりして、
それに縛られることもある。

自分がつくってしまった過去だって、
時には、償うのが難しい。

それなのに、周囲の人々から、
自分の親なり、
自分の会社のトップなりが
つくってしまった「過去」を
取りあげられて、責められるのは、
けっこうキツイものがあるだろう。

まさしく、過去に生かされている気分…

しかし、過去に生きることは出来ない。
たとえ、周囲がどうであろうと、
その過去から自分を外せるように、
精一杯、変わらなければいけない。

旧約聖書に、こんな言葉がある。
「そもそも、賢明な者も、愚かな者も、
 同様に長く覚えられるものではない。
 きたるべき日には、
 皆忘れられてしまうのである。」
 (伝道の書2:16)

人が何か人の過ちを話題に出すのは、
単なる「好奇心」の場合が多いわけだから、
それが飽きられる日は、必ず来る。
そんな「忘れられるもの」のために、
縛られるのは、本当にゴメンだ。

だから、自分の過去、
あるいは、自分の周辺の過去が、
話に出てきたとしても、
「忘れられる日」が来ることを思って、
まず、自分が変わって、忘れよう。

ま、自戒のために、
覚えておく分にはいいが、
決して、落ち込むために、
覚えておくのはお薦め出来ない。

【参考】
ゲーテ格言集(ゲーテ)


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です