にんげんはねぇ、人から点数をつけられるために…

にんげんはねぇ、
人から点数をつけられるために
この世に生まれて
きたのではないんだよ。
にんげんがさき、
点数は後。

(点数、相田みつを)

人間が、人に比べられずに、
人に点数をつけられずに、
生きることなんて、まずムリ。

生きていれば、
いつか、必ず、どこかで、
そんな経験をする。

でも、その点数を見て、
自分の対応をどうするかは、
いろいろ決められる。

いちおう参考にする、
全く無視する、
怒るまたは喜ぶ、などなど…

どんな対応でもいいと思うんだ。
それに縛られなければ…

縛られれば、
その通りの生き方になっちゃう。
縛られなければ、
隠れた自分の可能性を
見いだすことも出来る。

人間が点数より先。
忘れないようにしようよ…

【参考】
だれもあなたのことなんか考えていない(ロジャー・ローゼンブラット)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です