感覚が疑わしい時はいつも、…

感覚が疑わしい時はいつも、
沈黙してみなさい。

(英語)
Be silent always when
you doubt your sense.

(アレキサンダー・ホープ)

他人の感覚が信じられなくなる。

「なんで、そんなこと!?」

「え? ホントに、そこまで…?」

「ありえねぇ?」

それは、自分の感覚に
対する問いかけであったりもする。

感覚に、常識はない。
感じてしまうんだから、しょうがない。

それを、常識だの、経験だの、
自分の領域の話だけを持ち出して、
感覚の論争をしてもしょうがない。

時には、沈黙のみ…
それが、すべてを解決する場合もある、
と思う。

感覚には、いろんなヒントがあるけど、
絶対視できるほど、
確かじゃあないと思う。

時には、それだけを信じて、
進む瞬間もあるだろうけど…

【参考】
コンサルティング能力(佐々木直彦)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です