自分がしたいことを、どうして出来ないのか、…

自分がしたいことを、
どうして出来ないのか、
何千もの言い訳をする人がいる。

必要なのは、どうしたら出来るか、
たった1つの理由だけという時でさえ…

(英語)
Some men have thousands of reasons
why they cannot do what they want to,
when all they need is one reason
why they can.

(マリー・フランセス・ベリー)

「それで、結局、
 そういう困難があっても、
 それをしたいの?したくないの?」

もしかしたら、その問いかけが、
一番怖いかもしれない。
私も経験があるので、
その問いの怖さを知っている。

そして、そこから話をそらすために、

「だから、さっきから
 言っているんじゃないのよ。
 したいのに、出来ないのよ。」

という答えに、共感を求める。

その時のアドバイスは、
冷たいかもしれないが、
これしかない。

「あなたがそう決めているなら、
 それでいいんじゃない。」

決して、
「そうね。出来ないわよね。」
と言ってはいけないと思う。

他人が断定してしまうと、
「自分が決めた」という責任から
逃れられるから…

私もこれまで生きていく上で、
何回言い訳してきたか、
分からないけど、
「自分が決めた」という事実からは、
逃げられたなかったことを知っている。

心のケアが必要な人にまで、
これを要求しているわけじゃあない。

言い訳して逃げられる余裕がある人にだけ、
これが要求されているんだろう。

まず、自分はどうか。

【参考】
あなたの願いがかなうとき?運命を支配する「思考の法則」?(ジェームズ・アレン)


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です