生命は、死によって失われるのではない。…

生命は、死によって
失われるのではない。

生命は、時々刻々と
失われているのだ。

(英語)
Life is not lost by dying;
life is lost minute by minute.

(ステファン・ヴィンセント・ベネット)

今(2005-2006)シーズンの
大雪によって、全国では
例年にない多くの人々が
生命を失っている。

「死」を差別しては
いけないだろうけど、
事故や事件に巻き込まれて
死んだという話は、
老衰による死とかに比べると、
やはりショッキングだ。

おそらく、その瞬間が
ショッキングなんでしょう。
生命が、一気に
削りとられた感じだから…

本当は、自分の生命だって
少しずつ削りとられている
という事実があるのに、
それに気づいていない。

決定的な死の瞬間を
心配するだけでなく、

死に向かっている日々の瞬間を
ちゃんと生きているか
心配しなくちゃ
いけないんでしょうね。

生命は、時々刻々と
削りとられている、
失われている。

なんか、私は、
この言葉で真剣に
させられる気がします。

(参考)世界は1つの生命からはじまった―サムシング・グレートからの贈り物(村上和雄)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です