本当の団結は、自立の中にだけ…

本当の団結は、
自立の中にだけ
ありうる。

(英語)
True solidarity is
only possible among the solitary.

(ジョセ・バーガミン)

たくさん群れれば、
団結できるわけじゃない。

群れることによって、
最初は団結しているように見えても
かえって収集がつかないことも多い。

要は、そこに集まった一人一人が、
どれだけ自立しているか。
他に依存しすぎずに、
自分の力を発揮する気持ちがあるか。
そこに、団結パワーが
生まれるかどうかの鍵がある。

誰かの力を借りたい時に、
たくさんの人を集めようとするよりも、
まず、自立した人を探した方がいい。

実は、これが一番難しい。
それは、自分が自立していないと、
自立した人間に出会えないから。

もちろん、自立すればするほど、
たくさんの人に頼られる可能性あり。
その中から、自立した波長をもつ人を
感じるためには、「自分」が必要。

依存したり、寄り添う
気持ちが強すぎると、
きっと別の者と強く結びついちゃう。

そんなふうに群れれば、
結局は、人を高めるパワーよりも、
落とし入れるパワーが強まったりする。

集まった時には、その時を大切に。
孤独の時にも、その時を大切に。

(参考)孤独力?人間を成熟させる「ひとりの時間」(津田和寿澄)


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です