今の時間を大事にできない人は、…

今の時間を
大事にできない人は、
未来の時間もきっと
大事にはできない。

(プロ論。[平尾誠二さんの言葉])

もう1つあると思います。

自分の時間を
大事にできない人は、
他人の時間を
もっと大事にできない。

自分が嫌なこと、
やりたくないこと、
意味がないと思っていることを、
平気で、人に押しつける。

意味がないと思うなら、
やり方を変えるとか、
やめることを提案するとか、
したらいいのだ。

そんなことを何もしないで、
人に押しつけるのは、
後で逆に押しつけられても、
何も反論できないことになる。

まるで、人には、予算がないので、
ボランティアの協力をお願いします、
と言いながら、自分たちは、
その協力を訴えるための時間にも、
給料をしっかりもらっている人みたい…。
(時々、こんな人を見ます)

自分の時間は
「大切」に思っているけれど、
その時間にどう過ごせば
成長できるかまでは、
「大切」に思っていないのでしょう。

人に押しつけることばかり
考えていて、
自分が成長できるわけがない。

今の自分が考えることは、
未来の自分のために
今の時間に何を考えて何をしたら、
未来の時間の準備ができるか、
ということだと思うのです。

今のことだけ考えて、
押しつけて逃げることばかり
上手になってもしょうがない。

もしかしたら、
こんなことも言えるかな。

今大切な人を大事にできない人は、
未来の大切な人も大事にできない。

(参考)プロ論。(B-ing編集部)


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です