人生で悩んだとき、そこにはドアがある。…

人生で悩んだとき、
そこにはドアがある。

ドアの先は、今は見えない。
だから、ドアノブが見えたら、
ちゃんと手にしなきゃいけない。

(作者不詳)

もし、部屋に閉じ込められて、
ドアノブも何もなかったら、
きっと慌て騒ぐことでしょう。

悩みや苦しみにあって、
それに近い気持ちになるのは、
ありえるかもしれない。

ドアノブとか、
隙間が見えるまでは、
どうしようもなく不安で、
ドアやら壁やら所かまわず、
バンバンと叩いてしまう気持ち…

しかし、
もうどうしようもないと
あきらめかけた時に限って、
ドアノブとか隙間なんかが
見えたりもする。

悩みの場合に、
そこに閉じ込めているのは、
往々にして、自分だったりする。

ドアがあるのに探さない、
ドアは見つけても、
ドアノブに気づかない。

新しい世界、新しい部屋に行けば、
新しいドアを見つけなくちゃいけない。

もしかしたら、
ドラえもんのどこでもドアみたいに、
自分で取り付けられるところだって
あるかもしれないし。

柔らかいアタマでいたいものです。

(参考)AB型自分の説明書(Jamais Jamais)


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です