若い人たちに説教するよりも、…

若い人たちに説教するよりも、
自分たちが変わらなきゃいけないな。

(ホンダ・マガジン、安田浩志)

暑い夏に向けて、
ヘアカットに行ってきました。

まだ誰も来ていない時間帯。
わたしは、目を閉じて、
気持ちよくなされるがまま…

店長と店員(20代前半)の会話を
聞いていると、面白いものです。

店員:うちのお母さんが、
   ○○(娘らしい)のキャンプ代、
   出してくれないんです。
   ふつう、出しますよねぇ。

店長:…

店員:それに、ピアノ代も、
   出してくれないんです。

店長:当たり前でしょ。
   自分の子供なんだから…

店員:だって、始める時には、
   出してくれるって
   言ってたんだから。

店長:そりゃあ、あんた甘いよ。

店員:そうでしょうけど、
   最初、出してくれるって
   言ってくれたんだから…

話を聞いていて、なんか、
ひと言、言いたくなりましたね。

おそらく、これまで、
いくらか出してくれていた親
だったんでしょう。

ありがたみを覚えるどころか、
出してくれるのを当たり前と
思ってしまう。

幸い、わたしの父母は、
わたしの結婚当初から
頼りになる存在でなかったゆえに、
そんな期待は何一つ持たずに
娘らを育ててきた。

そういう自負がもたげてくると、
若い人に何か言いたくなるもんです。

でも、言ってもしょうがない。
そこのお宅の教育方針で、
そういう親子関係が出来たわけですから。

そんなことを言いたくなったら、
自分の娘らがそんな期待を持たないよう、
育てることを考えた方がいい。

そう思いなおしました。

(参考)3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代(城 繁幸)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です