忍耐とは、…

忍耐とは、
無抵抗にあきらめることでも、
恐れて行動しないことでもありません。

忍耐とは、
積極的に待って耐え忍ぶことです。

(ディーター・F・ウークトドルフ)

欲しいものがあって、
ちょっと待てば、
安売りされる時期が来て、
安く買えるというのに
待てなかったり、

もう少し待てば、
待っていた相手が来て、
ちゃんと出会えたはずなのに、
じれったくなって
帰ってしまったり、

私の場合は、
そういうことが多いから、
積極的に待つ、
ってことが苦手だな、
って思うことがあります。

積極的に待つ、
っていうことは、
ハッキリした目的のために、
とことん待つ覚悟が出来ていること。

待つのが面倒になったから、
という安易な理由で、
待つことを止めたりしない。

ただ待つだけでも、
十分に価値がある時もある。

それが、
待っているということに、
意識が集中してしまうから、
待てなくなるんでしょうね。

だから、
待っていると
意識しなくてもいいような、
何かしらの行動ができる人か、

待つことが苦じゃない人でないと、
待つことは、きっと難しい。

私は、どうあがいても、
待つことが苦になる人だから、
やれることを探しながら
忍耐できるようになりたいもんです。

(参考)余命一日まで (篠田久男)

No.3618


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です