自分は意志力が強いと…

自分は意志力が強いと
思っている人ほど、

誘惑を感じた場合に
自制心を失いやすい。

(スタンフォードの自分を変える教室、ケリー・マクゴニガル)

意志が強いと思うことは、
意思が強いこととは違う。

誘惑っていうのは、
不思議なことにというか、
当然だろうけど、

自分の弱点に対して、
ちゃんとやってくる。

誰にでもある弱点に、
ピンポイントで
誘惑が来る。

だから、
意志力が強いとか、
勇気があるとか、

そういうことを盾にして、
自分は大丈夫と思うことが、
そもそもの間違いなのだ。

自分の弱点に対して、
めちゃめちゃ強い人なんて
いるわけがない。

だって、弱点なんだから。

他人が攻められている弱点を見て、
私は大丈夫と思うのは、

それが、
他人にとっての弱点であって、
自分の弱点じゃないから、
「自分はそんなことには負けない」
と考えられる。

意志力が強いのに
越したことはないけれど、

自分は意志が強いと
強く思い込むのは、
意志力が弱いことよりも、
危ないんだろうなぁ…

(参考)スタンフォードの自分を変える教室(ケリー・マクゴニガル)

No.5712


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です