旅の経験は、…

旅の経験は、
心の中で推敲される。
大半の出来事が忘れ去られ、
ほんの少しの出来事が
記憶として残る。

そして残った記憶は、
ときどき湧き出ては、
わたしの退屈な日常を
励ましてくれる。

(泳いで帰れ、奥田英朗)

こんなことがあったなぁ、
って思い起こせる
良い思い出があるのは、
幸せなことだと思います。

いまの日常から、
ちょっとでも
逃れられる記憶は、
自分を救ってくれる。

旅に限らず、
日常から飛び出したチャレンジなどを
たくさんして思い出を作ってる人は、
そういう引き出しがたくさんあるだろう。

そういうチャレンジも含めて、
旅というなら、
人は、きっと、
旅なしでは生きてはいけない。

実際に生きるのは、
日常の生活で、現実なんだけれど、

人は、その現実のだけでは、
幸せを感じ続けられない生き物
なんだろうと思う。

きっと、飽きるのだ。
また、感じ方、見方にも、
自分から変化をつけにくくなるのだ。

だから、旅(チャレンジ)が必要だ。

いつも、
大きな旅が
出来るとは限らない。

でも、
ささやかな旅なら、
すぐに思いつけるかもしれない。
そういうことが大切だと思う。

(参考)泳いで帰れ(奥田英朗)

No.5832


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です